焼きグルメ販売メーカーユーアイネットショップのトップページ

店長 うちまる

たのしい・おいしい・ヘルシーな暮らしをサポートするユーアイ商事です。










  • カートの中に商品はありません

QRコード

携帯ショップもご利用下さい。
パソコンをお持ちで無い方も携帯電話からお買い物はもちろん、店長日記もご覧いただけるようになりました。ぜひ、ご利用ください。 バーコード読取機能(バーコードリーダー)がついたカメラ付き携帯電話のお持ちの方は、 左のバーコードを読み取るだけで、簡単にご覧いただくことができます。 ※詳しくはお手持ちの携帯電話の取扱説明書をご覧ください。
RSS ATOM



ご覧頂きありがとうございます。

少しでも皆様のお役に立ちたいと思い、色々な安全性能試験や

焼き時間テストを繰り返しては公開しております。


最終的に商品を選定され購入されるのはお客様ご自身です。

参考になるような情報を提供したいと考えております。


どうしてこういう内容にしたかと申しますと、

最近TVショッピングで販売してる商品の中には

目を覆いたくなる物が平然と売ってるでは!


商品名やその会社名は残念ながら公開はできません。

また、商品も写真加工し分からいようにしてます


電気製品も特徴と欠点があります。

更に最近ではガス器具事故から電気製品も安全性が

問われ始めました。


ここでは商品を選ぶに当たり大切なことを記載しました。

最後までご覧ください。きっとお役に立つと存じます


公開する項目は

○側面と持ち手の温度

   ・電取とS−JET認証

○焼き時間と美味しさ

○電気製品の弱点

   ・W数

   ・延長コード・コンセントと差込みの熱

   ・本体の汚れは発火の原因

   ・ヒーターと差込みの温度

   ・アフターサービスについてカスタマーに質問してみる



最低、お使いに為にも必要な要点を書きたいと思います。


 

○側面と持ち手の温度


 調理中に誤って本体に手を触れたり、子供が触る可能性があります。

 また、テーブルの上などに置いて焼きながら食べる場合があります。


 ある、ショッピング会社の焼き物器側面(本体横)の温度が210℃以上

 になり、本体の網の上でも 側面でも 焼き肉ができる温度でしたら

 触れると大変危険ですね!

 

外国製品 側面


 でも、そういう商品が現実にあります。

 平然としてあるショッピング会社では売ってます。


 更に、本体の移動は冷めるまで待たなければなりませんが、

 どうしても、食事中に動かさなければならない時があります。

 

 移動させるため本体の持ち手部分を持った瞬間に、

 持ち手の温度が100℃以上あったら、水が沸騰する温度だったら



 熱さに耐えられずに本体を手放してしまう可能性がありますね。

 

 持ったり触ったりすると大変危険な商品あります。


 ・電取とS−JET

  

 以前は「電気用品取締法」俗に電取法。Tマークがあり、

 電気製品の安全性は法律で守られてました。


 電取法では持ち手の温度は○○度まで、側板の温度は

 ○○度までと厳しく管理されており、メーカーとしては、

 面倒でしたけどお客様は安全でありました。


 しかし、電取法も、 

 行政改革の流れや諸外国から輸入障壁とだと言うことで廃止。

 

 現在では任意で第三者検査機関に商品の安全性を検査依頼して

 貰います。かつての電取法の代わりですね。


 検査も絶対ではありませんが、でも、受けないよりは安全性に対しての

 検査があり信頼性もあります。


 しかし、決して検査費用は安くはありません。弊社商品3点受けても

 80万円〜100万円近くの出費です。


 それでも安全性を訴える物としてS−JETの認証を受けております。



S-JETマーク

 ところが外国製品に限らず安価な商品には、この認証をして

 ない商品もあります。

 

 任意なので認証の必要性はありませんが、受けなくても良いのなら

 どんな危険な電気製品でも売っても構わないと言う風潮も困りますね。

 

 最近では不良品が発覚し経済産業省より自主回収命令が出る前に

 倒産する企業もあると言う情報も。


 確かに80万円〜100万円となると利益圧迫です。


 でも、お客様の立場からすれば第三者機関の認証は賢い

 消費者の基準となりますね。

 電気製品本体の裏シールにマークがついております。


 尚、弊社ではS−JETの認証を受けております。


 S-JET


 これが認証書です。



 ○焼き時間と美味しさ


 焼き物の基本は「強火の遠火」。強い火力で熱から少し離して

 じっくり焼くのが美味しいとされてます。


 でも、いくら煙や臭いが出ないと言っても、例えば、サンマが

 12分間以上で焼くとサンマの身がパサパサした

 乾燥した、干物のような焼き物のような魚になります。


 平然とサンマの焼き時間が15分間20分間もかかる商品が

 あります。パサパサした乾燥した焼き具合です。

 両面一度に焼ける・焼き芋が焼ける・今回は2台で○○円とか。


 反対に両面5分間程度の焼き時間では

 魚の表面しか焼けません。


 

外国製品 直


TVショッピング宣伝してる外国製品の焼き器具。

1450W〜1500Wの超高電圧

1分30秒で一部肉を返す。写真は1分54秒。



外国 日本

 2分経過後肉を返す。まだ生焼け状態。写真は2分37秒。

中国製品 TVショッピング

 3分経過。不十分な焼け具合。写真は3分23秒

低価格TVショッピング会社

 4分〜4分20秒でカルビーが焼ける。写真は4分26秒。

 ショッピング会社では盛んに美味しく焼けるとか・油を落としながら

 焼くとか色々と言いことは盛んに宣伝してますが、

 焼ける時間まで言うことはありません



 欠点までは通常TVショッピングは放映しません

 早く焼ければ、それがもう1つの特徴になりますが、

 焼けないから言いません。


 しかも、TV撮影のトリックで、見てる人がさも早く焼ける

 ような錯覚を起す画像をTVショップで放送します。


 実際は15分間かかるのがTVでは、さも数分間で焼けるように

 見せて、お客様が勝手に早く焼けると解釈する錯覚するような

 可能性もあります。


 スタジオでは1シーン1シーンとバラバラで撮影し、編集で

 つなぎ合わせるので、網に載せた途端に焼けている錯角に

 陥るのです。



 もう、1つは一度使うと返品できないようにしてます。


 問題があるから返品したいと思っても、もう時既に遅し。

 返品できません。


 一般にクーリングオフ内でも使用済み品は返品の対象としてない

 場合があります。一部のTVショッピングでは30日以内なら

 受け付ける場合もあります。ご確認を。


 弊社もそのTVショッピングとの取引の経験では、

 使って 使って 弊社に返品で届いたときには商品まで

 壊れてたという、取引したTVショッピングの返品も事実ありました。


 愛用してても用事がなくなったら返品

 急な転勤が決まり荷物を減らしたいから返品した、

 離婚したので少しでも金に換えたいので返品、

 というような使い得の悪意の返品もあります。


 ある会社の焼き物器は安全装置が着いてると言う、

 うたい文句ですし、TVショップの字幕にも明記してます。

 ところが、

 実際に分解して調べたら安全装置は着いてません


 この面では消費者センターにクレームを言うと日程が

 経過してても返品受付する場合もあるかもしれません。

 先ずは着いてるかどうかのご確認を。


 弊社・当ネットショップでは、

 お客様が納得いくまでご説明をしております


 商品を愛用してる者が電話口で説明しますので、TVショップの

 カスタマーがパソコン画面を見てマニュアル対応してるのは

 全然違います。


 お客様のお話を聞くと

 意外と初歩的な使い方の誤りがあり、ご説明後には

 お客様に大変喜ばれた実例もたくさんあります。


 「焼きグルメの」焼き肉実験。上記外国製品テストと同じ肉を使用してます。

焼きグルメの焼き肉

 「焼きグルメ」の焼き肉テストです。電圧は1150W

 外国製品に比べると300W〜350Wも少ない電圧です。



炭焼くん 焼きグルメ カルビー

1分30秒で肉を一部返す。写真は1分43秒。


焼きグルメ 炭焼くん カルビー

 2分30秒で肉を返す。写真は2分58秒

 3分間あれば十分焼ける。低い消費電力で・安全に・早く美味しく焼けます。




 ○電気の弱点


 ガス器具に電気製品にも特徴と弱点があります。

 例えば、都市ガスは配管なので地震に弱く、電気は

 容量があり使いすぎると漏電防止器が作動します。


  ・ W数



家庭の配電盤

   ご家庭の配電盤です。玄関や手入れの上にあります。



漏電防止器 ブレーカー


   20A。2000W以上の電気を使うと矢印の方向に作動します。


   日本の家庭の電気は100Vで漏電遮断器の容量は20A

   ところが、電子レンジ1500Wなので専用回路が必要です。

   

   長時間使うエアコンも専用回路です。


   しかし、殆どのコンセントは冷蔵庫や電灯・TVなどの

   電気回路と一緒になっております。


   1450W以上の電気製品を使い出すと他の電気製品と合算され

   漏電遮断器が作動し電気の供給が止まる可能性があります。

   (専門的には起電流が発生し、ヒーターのスイッチを入れた当初は

   1650W位の電流が必要です)


   ハイパワーホットプレートやIH炊飯器をの最大のW数は1350Wです。

   これでも電気を使う所では漏電防止器が作動する場合があります。

   

   日本の家庭電器製品のW数は1350Wで、これを超えるものは

   日本国内の電気事情も分からない人が作った製品と思っても

   仕方ない場合もあります。



電気の豆知識

   但し、電子レンジと交互に使うのであれば1450Wも

   1500Wでも大丈夫です。

   その場合は、下記の延長コードの記事を参照してください。



   ・ 延長コード・コンセントと差込みの熱


   コードを伸ばして使いたい場合がありますね。

   又、使いたい位置にコンセントがなく数メーターコードを

   伸ばしたい場合も。


   ところが、

   1450〜1500Wの電気製品は15A以下の延長コードは

   お使いにならないでください。

   

   ホームセンターや量販店では15Aの延長コードを販売してますが

   15Aの電気製品に15Aのコードでは長時間使用すると

   コードに負荷・負担がかかります。

   

   20A以上のコードで対応してください。


   尚、市販品には20A延長コードはない場合があります

   ホームセンターで20A用のコードのみ買い求め、差込みと

   コンセントとご家庭で作る手作りになります。

   

   また、家の中の1個の漏電防止器の15Aでしたら

   1350Wでも絶対に使わないでください。

   

   1450W1500Wの電気製品を使われる場合は十分に

   点検した後お使い下さい。

   コンセントや差込みに熱がある場合には使用を中止してください。


   

   ・ 本体の汚れは発火の原因


    IHのグリル ガスコンロのグリル 受け皿や網は必ずご使用後は

    洗って下さい


    洗わないまま使用しグリルから炎がでた例があります。


    魚の油は長い間に本体や網に相当量付着蓄積します。

    油は燃えやすい性質がありますので、グリル内・受け皿・

    網はその都度洗ってください。


    尚、本体が丸洗いできない商品は対象外。本体に油が付着し、

    運が悪いと将来、使用中に本体が発火の危険性もあります。



   ・ ヒーターと差込みの温度


     ヒーター類を使うとコードや差込みに熱が発生します。高熱になると

     逆に抵抗値が増し、ますます熱が生じます。


    弊社では実用新案を取得しこの問題を相当改善しております。

    

    東芝や日立製作所の製造担当者がどうしてこんなにもコードが

    熱くならないのか不思議がり質問してきます。


    どうして、弊社商品が熱が発生しにくいかは、残念ながら

    公開しません。

    

    弊社の商品情報やノウハウを、さも、今から買うお客の

   ような顔して、弊社の商品情報やノウハウを聞き出した

   通販会社が数社もあります。

    

    その数社は直ぐに焼き物器を外国製品で物真似した

    ショッピング会社が


    一流歌手のホテルディナーショーに行けば1人数万円。

    その歌手の物真似を見れば場合よっては、無料・・・


    そうですね。弊社の焼きグルメには色々な知恵がたった

    これだけの物にも、かなりの量の知恵が入ってます。


    弊社では電気の焼き物器を20年以上も販売してますから、

    お客様の間違えやすい所や改善しなければならないところが

    分かります。


    問題が生じやすい所や誤作動しやすいところには、

    安全が必要なところには色々な対策をしており、

    その分がコストになっております。


    物真似商品は網で焼く機能しか真似てませんから、

    将来の発生の問題点までは計算されてません。


    数分間のTVショッピングの中で売り上げが上がれば

    良いのですから。

    

    売り上げ主義のショッピングでは製品の良し悪しは二の次。

    三の次。 なる場合もあるかもしれませんね。



   ・アフターサービスについてカスタマー質問してみる


   一時期に比べると外国製品も寿命が長くなり品質はよくなりました。

   でも、電気製品の場合には部品劣化が必ずあります


    一昨年20年以上も経過した大手メーカーの扇風機が燃える

    事故が続きました。


    製品をご愛用される、物を大切に扱う心は

    尊重しなければなりません。


    しかし、人の体も病気になったりするように、電気製品も

    磨耗や劣化が必ずあります。


    特にお気に入りの商品では部品だけでも交換できないかと

    捜し求めてるお客様は多々おられます。


    弊社ではヒーター1本、網一枚でもアフター部品として

    保管しております


    25年以上も経過した「炭焼さん」という商品。今でも

    部品を言われます。


    ところが外国製品の場合には3000台販売目標に対して

    3000本のヒーターしか用意をしてなく、網も同数しか

    用意してない場合もあると聞きました。


    3000本の販売に対して3300本の部品を用意すると。

    つまりは300本分余分にアフターサービスのために

    部品を多く作らなければならないので利益が圧迫

    されるからです。


    売る為の部品しか保有してなく、いざ修理となると

    「保障期間が過ぎましたので修理はできません」

    と、なる可能性も。。。


    ご注文する場合にはTVショッピングをしてるから

    「大きな会社」「いい会社」と思われずに、

    電話で「ヒーターが保障期間過ぎてもあるか」

    「網などの消耗品はあるか」

    「アフターサービスは何年位までできるか」

    より、具体的な質問してみてください。


    

    指定のフリーダイヤルに電話したら、どうも、

    「アフターに関してパソコン見ながら棒読みをしてる」

    「答えられないので別の担当者と代わるなどあり、

    

    その商品について、

    その会社ついて疑惑を持たれた方もおられるようです。



    以上、説明が

    大変長くなりましたが、安全に安心にお使い頂けるように

    ほんの一部ですが弊社の情報を開示します。

 

    お役立てください。


    ◎社内にある安全を測定する機器の一部です。

    

アフターサービス用のヒーター在庫

     

     ヒーターも数百本で保管しており、ヒーターの寿命や故障に対しても

     アフターサービスに対応してます。


     それぞれのメーカーでヒーターや差込みの形状が違います。

     他社には使えませんのでご了承ください。

   

接触式温度テスター


     接触面の温度を測る温度テスターです。


   

赤外線温度テスター


     平面の温度を測る温度テスターです。300℃までの測定。

     本体の側面や持ち手、鉄板の表面温度を測るのに使います。


     

高温温度テスター

     

     1000℃まで測定できる温度テスター。主にヒーターの温度を測定。


    

細かな部品在庫


     このように1つ1つパーツも在庫として保管しております。

     通常は注文生産時に余分に作って貰い、このようにパーツごとに保管。



                      < 後 記 >

    ご質問などあれば「お問い合わせ」よりメールしてください。

    

    尚、恐れ入りますが弊社の商品情報やノウハウを

    聞き出そうと言う業者がおり、また、一部製品仕様が

    パクられた経験がありますので、


    ご住所・お名前・電話番号は必ず記載してください。

    

    ご検討のお客様であることが判明すれば、ご質問に  

    お答えしたいと思います。


    どうか、ご協力の程お願い申し上げます。

   

一口メモ


尚、網焼きする場合はヒーターが赤く発熱してるヒーターの上部分

で焼くのが一番効率よく焼けます


ヒーターとヒーターとの間や差込みに近い部分は落ちます。


尚、網の面積を見て小さいと言う方がおられます。


実際は家庭用の100Vでは抵抗値が限られてますので、

ヒーターの長さも決まってくるので、ホットプレートも

大きな面積のものは熱効率が非常に悪いです


現在あるホットプレート1350Wで240℃になる時間を

測定すると分かりますが30分間以上時間がかかります。


また、アルミは温度が急激に下がるので240℃にセットしてても

実際焼いてるのは130℃〜180℃の温度です。

だから、美味しくないのです。